問題を解決する|賃貸オフィスを借りるポイントを押さえればコスト削減可能

賃貸オフィスを借りるポイントを押さえればコスト削減可能

ウーマン

問題を解決する

オフィス

共感できるところ

現在は家賃滞納予防、空室対策として賃貸管理を利用するのが一般的です。東京では小規模でアットホームな会社より、圧倒的に大手が選ばれています。大手は対策方法をたくさん用意していて、さまざまな角度からアプローチしているのがポイントです。どんなことでもスピーディーに問題が解決できます。また、外国人入居者専門の部署を設けているのも、東京の大手賃貸管理ならではの良い点です。言葉の壁があると対応に時間がかかってしまうこともありますが、外国語が話せるスタッフがいればスムーズに進みます。東京で賃貸管理を選ぶときは、各会社の対策方法を確認しておくことが肝心です。それぞれ重要としている点が異なるので、共感できる会社を選びましょう。

相性が大事

東京は人口が多く、それに比例して家賃滞納者や空室の数も多くなります。それに影響され賃貸管理に取り組む会社も増加しました。賃貸管理会社は、リフォームの工期に時間をかけないところを選びましょう。工期に時間かけるところは、今すぐに解決させたいと願う依頼者の気持ちを理解していません。また、料金の質問をすると急に態度を変えたり、イヤな顔をする会社にも要注意です。良い会社は親身になって悩みにこたえてくれます。相性の良し悪しも大事で、良くないとうまく進めることができません。ひとつの会社にこだわるのではなく、少しめんどうでもできるだけ多くの会社に相談してみましょう。こうすることで、相性の良い会社が分かります。